ミニマリストはやめた理由。子持ち、家族ありの主婦は適度に捨てるゆるミニマリストが向いているかもしれない

ミニマリストはやめた。適度に捨てるゆるミニマリストがちょうどいい

私は無駄な物は排除して最小限にするミニマリストを目指したこともありますが、なんだか合わないと思いやめました。

ミニマリストよりゆるミニマリストがちょうどいい

そう思ったんです。

これはあくまで我が家の話であって、ミニマリストの方が向いているご家庭も多いと思います。

一個人の考えなので、ミニマリストを否定している訳ではないし、最小限を徹底しておられる方はすごいなーと思います。

ミニマリストの方のブログを見るのも大好きですよ♪

スポンサーリンク



ミニマリストがどうして合わなかったのか

ミニマリストになろうとすると、とにかく無駄は排除しなければなりません。

私は、自分にとって最小限を目指すとなると、常に部屋の中の無駄が気になって、モヤモヤします。

例えば一度すべてを捨て去り、無駄を一つ残らず捨てたとしても、生きている以上また不要な物が部屋の中に入ってきます。

最小限なミニマリストを目指すと、入ってきた物すべてをすぐに捨てない限り、その物の存在が気になって、マイナスな考え(波動)になります。

物を捨てるのは幸せになるのが目的ですが、ミニマルにとらわれすぎると、「物を捨てたい!不要を排除したい!」という思いが、日常生活のいろんな場面で頭をよぎります。

その捨てたい欲求がすぐ満たされれば問題ないんです。

だけど私の場合、家事、子育て、仕事、遊びなどで、すぐには捨てられない事も多かったんです。

「捨てたいけど、忙しいから今度にしよう」は、精神的に良くない

最小限になるまで捨てたいと思っていると、なかなか実現するのは難しいです。

そうなると欲求不満状態になるし、「幸せになるために捨てたい」というよりも、「早く捨てなければ。」という追い立てられるような気持ちになってしまいます。

大げさに言うと、
「幸せになる為にミニマリストになる」はずが、「ミニマリストをめざして不幸せになる」という事です。

物にとらわれずに生きるはずが、いつも物の事を考えているという本末転倒な事が起こります。

スポンサーリンク



私がミニマリストをめざすと、家族に厳しくなる

自分にとって最小限と、夫や子どもにとっての最小限は違います。

だけどどうしても、完璧にいらない物を捨てようとすると、自分の価値基準で見てしまい、夫の持ち物が気になってきます。

夫に「捨ててほしい」とは言わなくても、夫婦であれば空気で伝わり、嫌な思いをさせてしまうかもしれません。

ひどくなると、子供のおもちゃまで減らしたくなってしまう可能性もあります。

そもそも、ミニマリストになりたいのは自分であって、家族ではありませんでした。

家が汚いよりすっきりして綺麗な方が、夫も嬉しいはずですが、少しも無駄な物が許されないような環境は、夫に息苦しさを感じさせてしまう。

家はリラックスする場所なので、それではいけないと思いました。

TC9V9A4174_TP_V
(画像はイメージです)

シンプルに生きることは、小さいことにこだわらない事

シンプルに生きるために、「自分にとって無駄な物は、捨てたい」と今も思っているのですが、「無駄はすべて捨てたい」と、「すべて」にこだわると、小さい無駄まで気になってしまいます。

シンプルに穏やかに生きるためには、小さい事にはこだわらないようにしたい。

だから私は、シンプルに生きるゆるミニマリストになりました。

目的は、機嫌よくハッピーに生きる事なので、少しぐらい無駄があっても気にしないゆるミニマリストが、私と家族にはちょうどいいです。

もう一度繰り返しますが、これはあくまで我が家のお話で、私のミニマリストの解釈です。

「無駄な物を全部捨てたいのに、捨てられない」とモンモンとしている方がいるなら、
悩むぐらいなら捨てなくてもいいという考えをお伝えできればと思います。

私と一緒に、ゆるいミニマリストになりませんか?

物に執着されないつもりが、いつのまにか物を捨てる事ばかり考えていたら、本末転倒です。

ゆるミニマリスト主婦のナミでした。明日も待ってます♪
1クリックに感謝します。ミニマリストのブログランキングへ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク