<断捨離記録>ゆるミニマリストの洋服の断捨離の基準や、今回の断捨離によって学んだ事。

このブログの断捨離に関する記事は、

断捨離したいけれど、物が捨てられない、断捨離の方法が分からない、断捨離に失敗した挫折した、という断捨離初心者、挫折者の方に向けて、

元々は捨てられない女、片付けられない女だった、ゆるミニマリストが書いています。

ゆるミニマリストとは、物を極端に最小限の量だけ所有するのではなく、快適に暮らせるよう適度に ゆる捨てする人の事です。

投票の1クリック、ありがとうございます。

沢山クリックしていただけるよう頑張ります。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク



洋服の断捨離をしました

最近洋服を買ったので、代わりに出番の少なくなった洋服を捨てました。

前回書いたのですが、「洋服を買ったら、それより多くの洋服を捨てる」というルールを決めると、ワードローブの収納がすっきりします。

自分が手放す事にしたものと手放す理由を、日記に書いたり、ネット上のブログに書くことで、今後の買い物の仕方が上手になると思います。

特にブログだと、頭の中を整理しながら書くのでおすすめです。

私も時々捨てたものを書いていきます。

今回の洋服の断捨離で手放す事になったものについて、捨てる基準と学んだ事を交えながら書いていきます。

あなたの断捨離の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク



パンツ5着

ワイドパンツや太めのゆるっとしたボトムスは、今着たい形ではない。

レギンスパンツのような、ピタッとしたスリムな形のものが気分。

ダイエット中で、体型を隠せない洋服をあえて着るようになった。

それから、カーキのパンツは通販で買ったところ、思っていた色と違った。

しばらく履いていたけど、やっぱり好きではない。

今後は、通販での洋服の買い物はできるだけ控えて、店舗で現物を見て試着するようにすれば、こういう失敗はなくなる。

黒の半袖カットソー

形は好きだけど、洗濯すると白い糸くずが付きやすく、毛玉が出来やすい生地。

普段着る洋服は、楽にケアできるものがいい。

洗濯しては毛玉を頑張って取りながら着ていたが、面倒なので他の服より出番が少なくなっていた。

来年の夏も出番が少ないことは明らかなので、断捨離しよう。

ケアの手間がかかる洋服は、着用する回数が減るのでコスパが悪い。

服を買う時は、生地を良くチェックして買い物をしよう。

ネックサポーター

首が痛くパソコンができなかったので購入。

だけど病院の先生や理学療法士さんから、「固定するよりリハビリストレッチをした方がいい。」と言われたので使うのをやめた。

こういう物は、お医者さんに相談してから購入するようにしよう。

持っていても仕方ない。今の自分に必要ない物は断捨離。

2000円程したけど、勉強代。

ブラウンのニット

去年はブラウン系が流行していて、好きなカリスマファッションブロガーさんが紹介されていたので、グレーや黒と一緒に購入。

買った時点で、自分が着やすいのはグレーと黒だと分かっていたけど、「流行っている色だから」「好きなあの人がすすめているから」という理由で、この色もレジに持って行ってしまった。

家に帰って着てみたけど、やっぱりしっくりこない。

購入から1年たって、この洋服を着た回数は数えるほどしかないので、断捨離。

流行の服や人のすすめる服が、自分に似合うとは限らないと痛感。

お店で直感に従って一番に手に取る服が、一番自分のスタイルに合う服なんだなと。

洋服を買う時は、基準は自分。

この服を買ってから、それを肝に銘じて買い物するようになった。

しまむらのスポーツウェア

今年はスポーツジムに通い始めたのですが、その初日・・・

当日の朝にスポーツウェアを買いに行ったんです。

直前だったので、近場で済まそうと思ってしまむらに。

運動さえできればジムで履くウェアなんて、なんでもいいと思っていたんですね。

しまむらに行って、自分のサイズに合うものから適当に選んで、タグを切ってもらってそのままジムに行きました。

だけど着てみて、「ダサい・・・」とやっと気づいたんですね。

余裕をもって事前に買い物しておけば、こんな事にはならなかったんです。

週4日はジムにいくので、そんな気に入らないイマイチな服で過ごすのに耐えられず、すぐに買いなおしました。

今回の断捨離で、さよならします。

出産前に買った腹帯

妊娠後に購入した腹帯。

出産後もお腹を冷やさないように時々使っていました。

最近はまったく使っていないので、断捨離。

思い入れもありますが、心の中に残しておきます。

物を手放すと買い物の失敗が減る

このように、私もまだまだ買い物で失敗をします。

だけど、物と一つずつ向き合ってゴミ袋に入れていくうちに、以前より失敗することが減りました。

「この洋服はなぜ着ていなかったのか」と考えるうちに、だんだんと自分のスタイルが分かってきました。

物を捨てるのは確かにもったいないです。

だけど、クローゼットや洋服だんすにまったく着用せず眠っていても、同じことです。

それなら、こうやって一つ一つと向き合って、今後同じ失敗をしないように勉強した方がいいと私は考えます。

残された今着たい洋服だけを、ゆったりした収納スペースに並べた方が、大事にできるし、追加で必要な洋服が分かりやすくなるので、無駄な買い物が減ります。

あなたも今日、着ていない洋服をゴミ袋にいれませんか?

読んでいただき感謝します。
あなたのご訪問、明日もお待ちしてます。ブックマークお願いします。

クリックされるよう更新がんばりますね!
  ↓ ↓ ↓

人気記事です

女性がたくさんため込んでしまいがちな小さな物といえば・・・。 お化粧品です。 一つ一つは場所をとらないがゆえに、大量に集めてしまうんで...
日本一の納税者となった斎藤一人さんは、 貧乏人の家は物が多く、お金物ちの家は物が少ないと言います。 私はお金持ちではありませんが、この...
最近、掃除や断捨離に関する記事へのアクセスがずいぶん多くなってきています。 主婦の皆さん、家がなかなかきれいにならないという悩みがあるのだ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク