[節約簡単おかずレシピ]豚肉なすピーマンの味噌炒めで夏バテ疲労回復

これから梅雨が終わると、いっきに暑い夏ですね。

昔と違って夏の猛暑は尋常じゃないですよね^^

猛暑続きで夏バテになりがちだし、お肌に強い紫外線が刺さります。

そこで!夏野菜を沢山食べるようにしましょう。

すでにスーパーでは安くなって、たくさん売られています。

季節の野菜を頻繁に食卓に出すことが、節約にもつながり、栄養素もたくさんとれますからね^^

スポンサーリンク



夏野菜は疲労回復に効く、紫外線による肌老化を防ぐ野菜

夏野菜は、夏に収穫のピークを迎える野菜ですよね。

茄子やピーマンやトマト、おくらなどの夏野菜は暑い夏を乗り切るために、水分を沢山含む野菜のようです。

茄子は油で調理して皮ごと食べる。疲労回復物質ナスニン、肌老化にきくビタミン、抗酸化作用のあるポリフェノール

なすびは特に、疲労回復に役立つといわれるナスニンがあるので、夏バテ防止にいいですね。

さらに、ビタミン、ミネラルが豊富。

夏野菜の皮は、紫や赤や緑など、とっても色鮮やかなんですが、これは太陽による強い紫外線から身を守るためであるとか。

人間もその力を分けてもらいましょう♪

ピーマンは油で調理する。ビタミン豊富で肌老化を防ぐ

夏野菜のピーマンは、ビタミンがたくさん。

強い紫外線でやられたお肌をケアするために、ピーマンを頻繁に食べるといいですね。

もちろん、疲労回復にもいいですよ。

油でピーマンを炒めると、ビタミンが増えるというのもきいたことがあります。

基本的に、油を使う料理がほとんどですよね。

スポンサーリンク



豚肉なすピーマンの味噌炒めレシピ。超簡単でおいしい基本の節約おかずを作る手順

今日は、夏野菜の茄子とピーマンを使った定番料理レシピをのせます。

ビタミンBが豊富な豚肉と一緒に料理するので、さらに疲労回復が期待できますよ。

材料(4人分)

  • 豚肉200g(豚ばら肉がおすすめ、豚こま肉やロースなどは少し固めだがヘルシー)
  • ピーマン5個から6個ぐらい
  • 短いなすび4本(九州でとれる長茄子なら2本)
  • フライパンに敷く油適量
  • 合わせ調味料(混ぜておく)→味噌大さじ3、砂糖大さじ1.5、酒大さじ2、チューブ入りしょうが小さじ1.5

注意:合わせ調味料は万が一味が薄かった時の為、多めに作っています。実際は、3分の2を使います。味が濃い目のほうが好きなら、残りから適量を足してください。

作り方1

合わせ調味料を、小さい容器で混ぜておく。(最初にしないと焦げたり、野菜が柔らかくなりすぎたりします。)

作り方2

茄子を1cmの厚さでこのように切っておく。

作り方3

ピーマンを立て半分に切り、流水にあてながら種などを取り除く。

さらに4等分に切る。

作り方4

豚肉を一口大に切る。

フライパンに油を適量しき、中火で豚肉を炒める。(2分から3分ぐらいで全体の色が変わる。豚ばら肉は焦げ目をつけた方がおいしいかもしれません。豚こまやロースなどは炒めすぎ、火の通しすぎ注意。完全に中まで火が通っていなくてもOK)

作り方5

茄子をいれて、軽く1分炒める。(菜箸よりも、フライ返しやシリコーンスプーンを使うと簡単)

蓋をして1分→一度かき混ぜて1分待つ

注意:茄子はこの時点で炒めすぎると、完成時小さくなりすぎます。大きさが変わらず、形がそのまま残っている程度で次へ。

作り方6

ピーマンを入れて混ぜながら1分半炒める。

作り方7

最初に合わせておいた調味料を回しかける。(1か所に偏らないように)

茄子の形が崩れないように優しくかき混ぜながら1分ほど炒めて完成!

注意:すぐにお皿にうつさないと、余熱で火の通しすぎになってしまいます。

スポンサーリンク



最後に

分かりやすいように手順の数を多くしましたが、実際やっている事は簡単です。

あっという間に完成する夏メニューなので、この暑い夏に沢山食べてくださいね^^

今後も、節約になる基本的なおかずレシピを気まぐれでご紹介します。

商品比較雑誌LDKで年間総合1位のフライパン使ってます↓

雑誌LDKのフライパンランキング1位のフレーバーストーン。知人がすすめてきた商品と同じだった フライパンを買いかえてから、数か月たったので...


シンプルライフランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク