あたりまえのことを意識すれば幸せになる

 

今日はこちらの本の心に残った部分をご紹介します。

日本人はお風呂が好きです。

湯船に張った温かいお湯につかって、ゆっくりと体を伸ばす時間を「あたりまえ」だと思ってはいませんか?

あるいは時間がないときには、「とりあえずシャワーだけでも」と温かいお湯を浴びることもあるでしょう。

しかし世界中を見渡すと、蛇口をひねるだけで即座に温かい、きれいなお湯が出る国はめずらしいのです。

一日の終わりに浴びるシャワー一つをとっても、それは「ありがたい」ことなのです。

「お坊さんにならうこころが調う朝・昼・夜の習慣」より引用

日常では、ネガティブな考えが浮かんでくる時があるかもしれません。

幸せが感じられない時は、あたりまえと思っているものを「意識」したいですね。

「あたりまえ」のことを意識すれば、じつは「ありがたいこと」だと気づけます。

日常生活のこと、家族、友人、健康、仕事、自然。

忘れているだけで、本当はあたりまえではなくてありがたいこと。

 

とはいっても、なかなかそれに気づけません。

なくして初めて感謝すべきだということに気づきますよね。

私は食品やガソリンが安い時は、それが普通だと思っていました。

病気になって初めて健康こそ大切にすべきだと気づきました。

父を亡くして、もっと話しておけば良かったと後悔しました。

 

満たされた状態から満たされていない状態になるのは辛いけど、
ありがたさには気づくことができます。

そしてまた満たされた時には、それまでより幸せを感じることができます。

そういう意味では、満たされない状態になることは、幸せを手に入れることだとも言えますね。

やっぱり起こる事すべてに意味があるのだと思います。

 

「お坊さんにならうこころが調う朝・昼・夜の習慣」と言う本も、
本読み放題アマゾンキンドル・アンリミテッドで読めます。

余裕のある毎日が欲しい方、シンプルに生きたい方に、ぜひ読んでいただきたい本です。

明日から夫の祖母の家で初盆ですが、ブログは書きたいと思います^^

家族との時間はありがたい時間。
ゆっくりお話ししてきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

余裕ライフ☆ゆるミニマリスト主婦ナミでした。
トップページをブックマークして明日も来てくださいね♪

心の余裕
余裕ライフ☆ゆるミニマリスト主婦の断捨離と家計管理