女も正社員フルタイムで働くべきと言われて

 

2LDK賃貸に住む3人家族、ゆるミニマリスト主婦のナミです。

年下の男性と話している時のこと。

ちょっとびっくりしたことがありました。

彼は、彼女さんとあと一年で結婚しようと思っているとの事。

「結婚したら、嫁は扶養に入らないで正社員フルタイムで働いた方が、
世帯収入は上がるよね?」
と私に尋ねてきました。

「そうだね。年金も増えるしね。」
と私。

「じゃあやっぱり、フルタイム正社員で働かせよう」

「彼女さんは、それについて何と言ってるの?」

「いやいや、フルタイムで働きたくないとか言わせないし。
だいたい、男は正社員で働かなきゃいけないのに、
女だけ働かなくていいとか、おかしい!」

「まあね(笑)」

「こういう場合だけ女だから働かなくていいとか、
都合良すぎでしょ。」

「たしかにね(笑)
でも、私も短時間パート主婦だからね(笑)」

※もちろん彼は、彼女さんの話をしているのであって、
私を責めるつもりではありません(笑)

そして彼は、
「彼女と意見の食い違いが起こったら、
いつも俺が理詰めで沢山しゃべって喧嘩を終わらせる。」
と言ってました。

今回、気づいたんです。

私の夫が、結婚11年目の今まで、
私の働き方に口を出したことがない事は、
あたりまえではないんだと。

喧嘩という喧嘩をしたことがないし、
説き伏せられたこともない。

意見の食い違いがある時、
ささいな事で不満がある時、

私はその都度言いたい事を小言として言ってるけど、
夫は「はいはい分かった」と軽く流してくれる。

そして、私に対してはそんなに小言を言わない。

いつも私の意見を尊重して、
全部やりたいようにやらせてくれてる。

これって、ぜんぜん当り前じゃないんですね。

世の中、そんな男性ばかりじゃない。

私は引き寄せを信じているので。

自分と合う空気感(周波数)の人でなかったら、
結婚することにはならないと思ってます。

この世界は、

自分が潜在意識レベルで信じていることが現実に現れてきます。

「自分を大事に扱ってくれて、好きなようにさせてくれる男性と
結婚する資格がある。

そうではない男性は、私にふさわしくない。」

という考えを私が持っているから、
そういう今があるんだと思います。

暴力をふるったり、自分に怒鳴ったりする男性とは、
絶対結婚しないと思っていたし、

若い頃付き合っていた男性が借金ばかりする人だと分かって、

すぐ別れたこともあります。(他にも嘘をついていた)

自分のことを大事に思っていたら、
大事にしない男性と結婚することはないんですよね。

 

この記事で何が言いたかったかと言うと、

「フルタイム正社員でも、短時間パートでも、専業主婦でもいいよ。
好きな事をして生きていいよ。」
という男性と結婚できているのは、
ありがたい事なんだなということ。

でも、この状況を作ったのは、
私が付き合う相手を選ぶときから、
「大事に扱ってくれる人と、付き合う資格がある」
と自分を大事にしていたからだということ。

そして今、
喧嘩もなく平和に暮らせているのは、
夫の心の広さのおかげだから感謝すべきだなと。

改めて気づかされたという話でした。

感謝は伝えなきゃ意味がないので、照れくさいけど「ありがとう」と伝えました。

向こうも照れくさいらしく、「早く寝なー」と返ってきました。

 

タッチでブログの応援おねがいします↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

余裕ライフ☆ゆるミニマリスト主婦ナミでした。
トップページをブックマークして明日も来てくださいね♪

自分らしくブログを書いてみませんか?予約受付中↓

自分らしくブログを書いてみませんか?ワードプレスブログ講座生予約受付中
過去記事に追記修正しています。 女性の方に、ワードプレスブログ開設を教えています。 2021年の12月ごろ、まずは友人に教えました。 小さいお子さんと小学生のお子さんがいるのですが、1 日が充実するようにな...

 

心の余裕
余裕ライフ☆ゆるミニマリスト主婦の捨て活と家計管理