ゆるミニマリスト主婦のシンプルライフ。断捨離実践の経験、物を捨てる方法やコツ、断捨離効果を語るブログ。

ミニマリストより、ほどよく手放すシンプルライフが向いていた。ゆるミニマルな持たない暮らし、節約貯金、化粧品、掃除術など、主婦向けのブログ。

*

ゆる捨て活!トイレに置く物を考える時はミニマリストになる。毎日掃除しやすいトイレににすれば、尿石、黒ずみとはサヨナラ。トイレの汚れをごまかすアレも買わない。

      2017/12/08

5分後の来客。トイレは大丈夫?

 

突然ですが、もし突然の来客があっても平気ですか?

 昔からトイレには神様がいると言われています。

たしか、きれいな女神様だとか。

信じられない方もたくさんいますよね。

 信じる信じない派置いておいて、お金持ちの人や名誉ある社長さんたちは、トイレは毎日徹底的にきれいにすることをすすめています。

一番汚れやすい場所を、常に清潔な空間にしておくことは、 人生の豊かさにつながるんですね。

金銭的な豊かさだけでなく、心の豊かさにも。

スポンサーリンク



 

においで分かるトイレの状態

 

お店やよそのおうちのトイレを使う時に、 「ちょっと汚いな。」と思うことがありますよね。

その判断は、見た目が清潔かということ以外に、 においに左右されます。

アンモニア臭が強い場合、 お店の印象はかなり悪くなるし、「トイレに入りたくないな」と思いますよね。

トイレが臭いのであれば、トイレが汚れているという事です。

どこかに菌がついているから臭いんですよね。

トイレ掃除しても臭いという場合は、まだ汚れが残っているんです。

 

芳香剤でごまかすのはやめよう

トイレに芳香剤を置くと、たしかにいい香りがします。

だけど、それはあくまで強い香りで嫌な臭いをごまかしているだけ。

根本的な臭いの原因菌は、そのまま放置されていることになります。

芳香剤を置くと、トイレの汚れに気づくのも遅れます。

 

芳香剤は断捨離。汚れの原因と向き合おう

 

においをごまかす芳香剤に頼るのをやめることで、 トイレが汚れているという現実から、目をそむけることができなくなります。

トイレを毎日きれいな状態にすることができるようになったら、 より心地よい空間として演出するために、アロマを置いたりするのは良いと思います。

トイレをきれいに保ちたいのであれば、 一度芳香剤を置くのをやめてみましょう。

 

「トイレ掃除しても臭い」という悩みの対策

 

壁に尿が飛び散っている、便座の裏の隙間に汚れがたまっている、床と便座の隙間に入り込んでいる、ウォシュレット部分が汚れている・・・。

臭いの原因を、酸性のクエン酸水や、セスキ水、アルコールスプレー、塩素系のトイレハイターのどれかを使って、除去しましょう。

(酸性クエン酸と塩素系を同時に使うとガスが出て危険!混ぜてはいけません。)

尿石には、濃いめのクエン酸水をかけてトイレットペーパーで湿布し、しばらく放置してからブラシでこするといいですよ。

壁や床に飛び散った尿が臭いの原因であれば、アルコールスプレーを噴射して5分ほど放置した後、軽くふいてみましょう。

「トイレの床に置く物は最小限」で、掃除が簡単!

 

我が家のトイレはこんな感じです。(タオルはこの頃とは変わっています)

↓ ↓ ↓

トイレのマットや便座カバーはずいぶん前に捨てました。

トイレのマットは、洗濯が大変です。

それに、サッとアルコールなどで除菌できるようにというのも、トイレマットを置いていない理由です。

トイレも、余計な物を置かない方が掃除しやすいと思います。

汚れやすいトイレに関しては、ゆるミニマリストではなく、ミニマリストをめざします。

理想は、旅館やホテルのような、無駄な物がないすっきり清潔なトイレです。

 

毎日の小掃除をすれば、年末の大掃除は必要ない

 

毎日1分間のトイレ掃除を習慣化しましょう。

トイレブラシで便器の中をゴシゴシ磨く。(時々、洗剤、クエン酸水スプレー、セスキ炭酸ソーダ水スプレーのどれかをスプレーします)

トイレットペーパーに、洗剤、クエン酸水スプレー、セスキ炭酸ソーダ水スプレー、アルコールスプレーのどれかをつけて、便座、床を拭く。

たった1分間のゆる掃除習慣で、トイレはいつもきれいにしたいですね。

洗面所の掃除方法。クエン酸水スプレーとセスキ炭酸ソーダ水スプレーの作り方。

 

読んでいただき感謝します。
あなたのご訪問、明日もお待ちしてます。ブックマークお願いします。

クリックされるよう更新がんばりますね!
  ↓ ↓ ↓

 

スポンサーリンク



 

 - 持たない暮らし片づけ断捨離, 掃除 ,