買って後悔なし!ホットクックで作った時短料理(レシピあり)

今ホットクックを購入する人が増えています

ホットクックがあれば時短でおいしい料理が簡単に出来ます

私もちょっと前に購入して、毎日のように使って時短料理をしています

ホットクックを買って後悔したことはない


だけど購入するまでは、ホットクックを買うかどうかをかなり迷っていました

ホットクックは冷蔵庫や洗濯機に比べると安いのですが、フライパンなどの調理器具を買うよりは高いので、慎重にもなりますよね

実際使い始めると全く買ったことを後悔していないし、逆にどうしてもっと早く買わなかったんだろうと思っています

毎日のように夕食作りに使って色んな料理を作りましたが、
よっぽど目分量で適当に調味料を入れない限り、まずい料理はできません

ホットクックで作った料理がまずいとしたら…、きっとその人は普段の料理も失敗しているのではないかなと思ってしまいます(笑)


実際にホットクックを使って作ったリアルな夕ご飯を載せたいと思います

ホットクックレシピ。人参とれんこんのきんぴら

材料
人参1本から2本
レンコンの薄切り120gぐらい(時短のために袋入りの水煮を買いました)

加熱前に入れる調味料↓
砂糖と醤油各大さじ1.5
ごま油大さじ1

すりごまかいりごま

1、レンコンは袋から出して水気を切ります。人参は皮をむいてレンコンと同じぐらいの厚さに切ります。

2、ホットクックの内鍋に、レンコンと人参、ごま以外のすべての調味料を計りながら入れていきます。

3、まぜ技ユニットをつけましょう。自動調理メニューの回鍋肉を選びスタート。
(メニュー→カテゴリー→煮物→肉→回鍋肉)
普通の量であれば20分です。

さぁ、「あとは任せてね」と言われるので、この時間に家族とゆっくりしたり、お風呂に入ったりしましょう♪

4,できあがりましたと言われたら、開けてください。味見してみましょう。おいしいはず!

※調味料の量は好みで調整してくださいね!

ホットクックで作った「れんこんと人参のきんぴら」」

5,すりごまかいりごまをかけて、軽く混ぜ合わせたら完成です。

お弁当にも活躍するし、冷蔵で3日間はもちます。

この日の夕食はチーズインハンバーグがメインでした。
息子が旗を作ってくれました^_^ どこの旗がいい?と聞かれたので、イタリアをお願いしました。

我が家はほとんど毎日ワンプレートを使って、お皿の量を減らしています。

今回のホットクックのレシピは、毎日のホットクックレシピという本を参考にしています。写真がきれいでおすすめの本です。

ホットクックは買って後悔なし。アマゾンで購入しました

ホットクックは贅沢な家電と思っていましたが 、今はもっと早く買えばよかったと考えています。

洋服やすぐ飽きる雑貨などに使うお金をホットクックにまわすほうが、賢いお金の使い方だなと。

私はアマゾンで購入しました。かなりお得に買えます。

価格を少しでも下げたければ、私のように一個前の型落ち品を買うのもおすすめです。(内鍋がフッ素加工ではなくステンレスですが)

2人から6人家族におすすめの2.4Lホットクック機種紹介

我が家で使用中。2019年発売(この機種以降は無線LAN機能付き)

内鍋がステンレスなので、洗う前に水につけておく必要あり。

ホワイト↓

レッド↓

2020年発売最新機種(内鍋がフッ素加工で楽。無線LAN機能付き)

ホワイト↓

レッド↓

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク