夫の断捨離。愛着ではなく執着。

引っ越しの荷造りの前に
不要なものを手放しています。

我が家のほとんどの物は私が管理しているので
私が残すのか手放すのかを決めています。
(家電や収納棚なども)

でも、今日は夫の持ち物についてです。

これまで夫には
「洋服を減らすとこんなにいいことがあるんだよ」など
どうして私が持たない暮らしをしたいのかを話していました。

そんなに真面目な話はしてないですけど。

夫はいつもふざけて
「これ、ときめきますか?ときめきませんか?だろ(笑)」
と上の空で聞いています。

そうは言いながらも、私のシンプルライフへの移行に合わせて
自分の持ち物を減らしてくれていたので
他の旦那さんに比べると物は少ない方だと思います。

だけど、
私が絶対に口出しできない夫の聖域クローゼットがあるんです!

その中には、夫が捨てたくないと言っていた
大学バンド時代の楽器、マンガ、ワンピースのフィギュアなどがあったと思います。

私はフィギュアなどを見てしまうと
「それいらなくない?(笑)」と言ってしまうので
ずっと開けないようにしていました。

スポンサーリンク



ところが
夫が引っ越し前の整理をしようとクローゼットを開けたら・・・

カビがいっぱい!!!

この家はびっくりするぐらい湿気が多い家なので
私はいつもカビをはやさないように必死なんです。

ついさっきまで
「大学時代の楽器や漫画は捨てないよ。捨てろというなら、ときめきますか?のこんまりに文句言うよ。」
と言っていた夫でしたが、
カビを見てすぐに捨てる事を決意しました。
(こんまりとは、人生がときめく片づけの魔法という本の著者です。)

楽器は夫の青春そのものだったと思います。

私も彼の大学で組んだバンドのライヴを見ては
かっこいいーと思ったものです(笑)

だけど、大学を卒業してすぐに結婚してからは
2回程しか弾いていません。

夫は、高かったしいつか弾く時がくるかもしれないと言っていましたが、
カビによってその思いを断ち切る事ができたようです。

大事な宝物のはずなのに
クローゼットを開ける事がなく長い時間が過ぎ
カビまではえてしまった・・・。

私の頭の中には
「愛着ではなく執着」というやましたひでこさんの言葉が思い浮かびましたが
夫にうざがられるので言えません(笑)

翌日、この楽器は
夫の友人がメンテナンスして使う事に決まりました。

他の記事もよんでみてください^^

持たない暮らしについての記事を見てみる

貯金節約に関する記事を見てみる

家事時短と時間管理についての記事を見てみる




ナミでした。明日も待ってます^^

読んだよの1クリックお願いします↓


シンプルライフランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク