<洋服の断捨離>買い取り査定で出された現在の価値は83円

先日夫が、大量の洋服が入った紙袋を見せてきました。

知り合いの洋服好きな方から、いらない洋服をもらってほしいと渡されたとの事。

わざわざ夫が着れそうな洋服を選んでくださり、紙袋に詰めて家から持ってきていただいたので、夫は中身を知らずに受け取ったそうです。

その方は本当に洋服が好きで、沢山買っておしゃれを楽しんでいるそう。

おしゃれな男性って素敵ですよね。

だけど、ご夫婦とも捨てられない(捨てたくない)性格で、クローゼットはパンパンの状態で困っているそうです。

実は、以前にも大量にネクタイをいただいたことがあります。

その時の写真です。これ全部いただきました。

手持ちのものを全部捨てて入れ替えた気がします。

そして、少し前にもワイシャツを沢山いただきました。

そのシャツはサイズが合わず、ほとんど着ていません。

その事は、申し訳ないので伝えていませんでした。

そして、今回はもっと大量に渡されたようです。

着れる洋服がなかった

今回入っていた物は、新品タグつきだったり、ほとんど着ていないもの。

クリーニングに出してあるものもあり、状態が良く、

タグに書かれた値段もけっこう高いもので、生地もしっかりしていました。

だけど夫が試着すると、手放された意味が分かりました。

型が古いものばかりだったんです。

センスのある方なので、購入された時はいい感じだったのだろうと思います。

だけど洋服を沢山購入されるので、ほとんど着る機会がなかったり、一度も着ない新品タグ付きのまま、クローゼットで長い間眠っていて、

気づけば型が時代に合わなくなっていたようです。

ご本人も自覚されていて、「型が古いから気に入らないかも・・・」と言って渡されたとのこと。

不用品の洋服を着るのは難しい

自分で購入する時でも、試着を繰り返してやっと良い物が見つかるのが洋服です。

例えサイズが合っていても、自分が好きな形の服というのは、そんなに簡単に見つかりません。

夫がいただいても、一度も着ることなく不用品になってしまいます。

夫がお世話になっている方なので、お気持ちには感謝しています。

だけど不要になった洋服は、よっぽど相手が欲しいと言っていないかぎり、捨てるか、ご自身で売りに行く方がいいと私は思います。

もらった洋服をどうするか悩む

もう3回沢山の衣類をいただいたので、今後の事も考えて正直に、「似合う物がなく、あげる人もいないのですが、どうしたらいいですか?」と伝えることになりました。

夫はかなり気まずそうでした。

そりゃそうですよね・・・。

すると、「売ってください」と返事をいただきました。

不用品リサイクル店にその日のうちに行って、何かしらのお返しをしようという事になりました。

洋服の買い取り査定金額は

タグ付き新品も何着かあり、クリーニング店に出した後のものもあり、状態はとても良い洋服が10着以上。

購入した時の金額は、数万円だと思います。

それが・・・

「83円になりますね」

相手の方に査定金額を尋ねられ、正直に伝えると、絶句していたそうです。

タンスに眠る洋服の価値はほとんど0に近い

長い間眠っている洋服は

購入した時は高いお金を支払ったかもしれませんが、買った瞬間から価値は下がっています。

数年前に2万円で購入した洋服より、ユニクロやGUで最近購入した2000円の洋服の方が、よっぽどおしゃれだったりします。

クローゼットに押し込められている洋服を潔く捨てると、

今似合う洋服を綺麗に収納できるようになります。 

今着ていない洋服は価値がありません。

価値0どころか、片付かない部屋になってしまいマイナスかもしれませんね。

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク