【ゆるミニマリスト主婦】捨て活の前にやっておきたい事

ゆるミニマリスト主婦のナミです。

2 LDK賃貸住まいで、小学校低学年の子供が一人います

スポンサーリンク



捨て活や片づけをする前に

おすすめしたい事があります。

それは

理想の一日の過ごし方を

詳細にイメージすることです。

大切なのは

動画のように細かいところまでリアルに思い浮かべること。

そして面倒でも、紙に書き出すことです。

理想の一日の過ごし方を考える

落ち着く場所で紙とペンを用意して

理想の一日の過ごし方を考えてみましょう。

仕事のある日と仕事のない日は、別にして考えます。

「何時何分に」と時間は書きこまないのがコツ。

時間調整はまだしなくていいんです。

大事なのは、どんな空間でどんなことをしてどんな気持ちで誰と(一人で)

時間を過ごしたいかなんですね。

自分に沢山質問してみる

本当の私は

どんな時間の使い方を望んでいるのか?

どんな暮らしを望んでいるのか?

例えば具体的にこんな質問をしてみます。

早起きしてやりたいことをする?

それともおそめにゆったり起きる?

コーヒータイムはある?朝?昼?帰宅してから?

洋服選びはどんなかんじ?

出勤するときの部屋の状態は?

仕事はどんな気持ちでやる?

帰宅後は

誰とどんな気持ちで過ごす?

夕ご飯はどんな感じ?

バスタイムは?

家族とどんなふうに

コミュニケーションをとっている?

寝る前はどんな部屋で

何をやっている?

どんな気持ちで眠りについている?

できあがった理想の一日を基準に捨て活する

ミニマリストのリビング

イメージした理想的な時間の過ごし方に登場しそうな物は

残しておくべきだと分かります。

反対に、望む暮らしを邪魔するものは捨てた方が良いということ。

例えば理想は

「お気に入りだけの洋服が並んだすっきりしたクローゼットから

毎朝サッと洋服を選んで短時間で身支度を済ませ

ゆったりコーヒーを飲んでから出勤する。」

だとします。

今の自分の状態は

「いまいちな洋服でパンパンのクローゼットから洋服を選ぶのに時間がかかり

バタバタと家を出る。」なら…

理想に近づけるために捨てるべき物は

ほとんど着ていない不要な洋服。

洋服がもったいないからと捨てないままでいると

理想の暮らしができないあなたの人生の方がもったいないと思いませんか?

スポンサーリンク



時々使う物やどうしても残したい物は残す

もちろん「理想の過ごし方」に登場しない物でも

時々使う可能性のある物や

使わなくてもどうしても残したい物もありますよね。

私はシンプルライフ派(ゆるミニマリスト)なのでそういう物は迷わず残します。

スポンサーリンク



断捨離の前にやること、よかったら参考にしてください。

ゆるミニマリスト主婦ナミでした。明日も待ってます☆

持たない暮らし、節約の新しい記事はこちら♪ブックマークお願いします

我が家は2 LDK 賃貸マンションに三人で暮らしています 子供は小学校1年生です 先日、寝室 兼 おもちゃや本などを置いた部屋の ...
ゆるミニマリスト子育て中主婦のナミです。 2LDK賃貸住まいで、子供が一人います^^ スポンサーリンク (adsb...

私が家で稼いでいる方法↓

子供が11か月の時、外でパート仕事を始めました。 仕事が終わって、夕方保育園にお迎えに行って帰宅。 おっぱいを欲しがるので、授乳して落ち...

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク