基準が上がってない?頑張らずに楽したらダメ?

ゆるミニマリスト主婦ナミです。

2LDK賃貸マンションに住んでいて、小学校低学年の子供が1人います。

 

やることがいっぱいで、時間や心に余裕がないと感じる時がたまにある。

そんな時は一旦手を止めてあえて何もしない時間を作る。

頭に浮かんでくることをノートに書いて、自分の中の大親友と対話する。




 

 

良いお母さん、良い奥さんになろうとしていない?

また基準が上がってるかもよ?

「ここまで出来てたら丸」と思える基準が。

基準はもっともっと下げていいんだよ。

 

すごい人になんてならなくていい。

何のためにそんなに頑張るの?

また完璧にやろうとしてない?

 

私は、やりたくないことを無理して頑張る事の方が、すごいと思いがちだ。

幼い頃から、何かを我慢してやり遂げた時に褒められてきたから。

 

確かに学生時代に忍耐力を養うことは、大事なことだと私は思う。

目先の利益だけにとらわれず自分を律することは、

その時も大人になってからも自分を助けてくれる。

 

だけど大人になって自己責任のもと自由になっているのに、

やりたくないことを無理して続けるのは、何のためだろう?

誰からも縛られていないし強制されていないのに、自分に無理をさせる。

 

自分に楽をする許可を出すのは悪いこと?

家事も仕事も子育ても、楽して何が悪い?




 

承認欲求がそうさせているのかもしれない。

私たちは誰に認めてもらいたいんだろう。

その人に認めてもらったところで、どうなる?

優越感に浸りたいんだったらもっと意味がない。

 

力を抜いて穏やかに余裕を持って毎日を過ごしたい。

難しく考えて、楽をしていいところまで苦労しなくていい。

かっこつけようとしたってボロが出るんだよ。

ありのままの方が愛される。

 

心と体の緊張をといていれば、プカプカ浮いていい流れに乗ることができる。

夢を持たなくても行動しなくても、そのままで十分だし、

無理に頑張らなくても、みんな誰かから愛されていると私は思う。

考え方も、日々の暮らし方も、空間もシンプルにしていきたい。




余裕ライフ部☆ゆるミニマリスト主婦ナミでした。
明日も待ってます。ブックマークお願いします。


人気ブログランキング

心の余裕
余裕ライフ☆☆ゆるミニマリスト主婦の断捨離と家計管理