自分を犠牲にせずシンプルに生きる

 

2LDK賃貸に住む3人家族、ゆるミニマリスト主婦のナミです。

自分を犠牲にしてしまっている事、ないですか?

例えば職場で、限界を超えた仕事を気力だけでこなしている。

自分のためにつかう時間を大事にしたいのに、仕事や家族や友人の為に時間を使いすぎている。

やりたくないことを、誰かに強制されている(本当は強制されていない事の方が多いけど)。

 

誰かではなく、自分を一番優先してあげることは、わがままなことでしょうか?

幸せになるために、自分本位になることはいけないことでしょうか?

自分の大切な時間や幸せは、自分しか守れません。

 

私は、相手の役に立ちたい、困っているなら助けてあげたいと思い、

ついつい自分の時間を犠牲にしたり、必要以上に働いてしまいます。

だけど、それは違う。

自分を犠牲にしてまで、人の役にたたなくていいんですよね。

随分前に買った本を読み返してみました。

「頭のいい人」はシンプルに生きる

ウェイン W ダイアーさんの著書です。

なかなか尖った書き方をされていますが、オブラートに包まない表現が、大切なことを思い出させてくれます。


二つの箇所だけ引用します。

ただ、人生のうちに起こる物事について、少なくとも自分が動揺したり、束縛されたり、心配したりすることのないようにするくらいなら、できるだろう。

「心が動揺するようなことは決してやるまい」と決心するだけでいいのである。

そうすることで、他の何者でもなく、自分自身が種をまいてしまったために引き起こされている習慣、

簡単に犠牲にされてしまうという悪しき習慣をやめられるようになる。

 

勇気とは批判の真っ只中に飛び込むこと、自分を信頼すること、自分の選択の結果を受け入れ、そこから何かを学びとることである。

また自分自身を信じ、自分で決めた人生を送ることが価値のあることだと信じ、他人が人生の糸の一方の端を持って逆の方向に引っ張ろうとするなら、その糸を断ち切ってしまうことである。

「もし実行したら、最悪の場合どんなことが起こるだろうか」と繰り返し自問すること。

そうすれば、勇気に向かって精神的に飛躍できる。たいていの場合、私達は子供が暗闇を怖がるように、何もないのに怖がっているからだ。

 

自分が本当に望んでいることは何なのかを常に考えること。

自分の意思を一番優先すること。

仕事や、家族、友人に断る力を持つこと。

相手を怒らせてしまう、ひどく困らせるという恐怖心は、自分が作り出した幻想に過ぎないと気づくこと。

自分の大切なこと以外に、あまりエネルギーを使わない努力をすること。

しなくていい我慢はしないこと。

ご機嫌でいられないなら、サッサとやめること。

大切な自分を犠牲にしないこと!

 

まだまだ昔の習慣が抜けず、自分の時間やエネルギーを犠牲にしてしまう私ですが、

こういう事を意識して、自分を大事にしたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

今日のおすすめ記事

不安になる情報を見に行く必要はない
ゼミに入ったことのあるハピコちゃんの「のんびり楽しく貯金」というブログ。 そこに書いてあったことに激しく同意。 同じことを思っています。 世の中は、 不安をあおることで お金を稼ぎやすくなるんです。 本当は、全然不安...

余裕ライフ☆ゆるミニマリスト主婦ナミでした。
トップページをブックマークして明日も来てくださいね♪