タイムスリップした私なら子供をガミガミ叱らない

ゆるミニマリスト主婦ナミです

2LDK賃貸マンションに住んでいて、小学校2年生の子供が一人います

昨日は夕食の支度を始めなきゃという頃になんだかイライラしていました

昼頃までパートの仕事をして

まとめ買いをした大量の食材を抱えて階段を昇り帰宅

食材を収納して2回目の洗濯

ご飯を食べてジムの運動をして

それから、このブログを更新

そこまでは良かったんですが

一気にリラックスモードに突入してゴロゴロし始めました

ドラマを見ながらダラダラお菓子タイム

スマホをいじってどうでもいいことを調べたり

たいして興味のないYouTubeを見続けました

私は、1度ゴロゴロするとそこから抜け出せなくなるんです

15分だけダラダラするつもりが

かなり時間が経っていたりします

だんだん、夕食作りとお風呂のタイムリミットの時間が迫ってきて

そこからイライラが始まりました

スポンサーリンク



そういう時のイライラの矛先は、小学校2年生の息子です

母親の私もそれまでダラダラしていたのに

「早くお風呂に行きなさーい!何回言わせるの?」

とだんだん口調が強くなっていきます

だけど息子はお風呂が面倒で、全く動こうとしません

私と一緒に入る時はニコニコして嬉しそうに来るのですが

一人だと面倒なだけで嫌いだそうです

私がお風呂に入りなさいと言い出したところから

持って帰ったばかりの夏休みの本を読み始めました

何度言ってもいかないので私はイライラ MAX の無言モード

そこからは諦めて

自分がやるべき食器の片付け、部屋の片付け、料理に集中しました

そしたらすぐに心がすっきりして

息子への怒りもおさまったんです

自分の心が乱れている時には

子供の些細な行動が気になったり

必要以上に怒ってしまうんですね

子供は確かに、お風呂に入るのを面倒くさがってなかなか入りませんでしたが

その前に、宿題をちゃんとやっていて

丸つけをしてないのはむしろ私のほうでした…

私が家事に集中していた間

息子は、目を輝かせて楽しそうに本を読んでいて

「まあ、お風呂に今すぐ入らなくても大したことじゃないな。楽しそうで何より」と気づきました

私は、部屋が散らかっていたり、家事を先延ばしにしてダラダラしていると

早くしなきゃという焦りと自己嫌悪で、機嫌が悪くなり

子供にイライラしてガミガミ叱ってしまうみたいです

死ぬ前の自分がタイムスリップしたら、今日をどう過ごすだろう

後から振り返れば、子供との日常は貴重なはずですよね

もし自分の余命がわかった未来の私がこの日にタイムスリップしたら…

たっぷり好きな本を読ませてあげて

私はダラダラせず先に家事を済ませて

子供と一緒にお風呂に入ると思います

うまく自分の機嫌をコントロールして

子供が興味のあることを気持ちよくやれるような

穏やかな声かけを心がけます

タイムスリップした私なら子供をガミガミ叱りません

ガミガミ怒りそうなときは、それを思い出したいなと思います

できるだけ、宿題やお風呂のような生活習慣は

私が余裕を持ってやるべきことをこなす姿を見せたいです

ちなみに、息子が夏休みに読むために借りてきた本はこれでした

マジメか!

なんだこのチョイス(笑)

大豆のひみつ て…

私の子供時代の興味とは真逆で

親子でもこんなに違うのかといつも思います

スポンサーリンク



ゆるミニマリスト主婦ナミでした。ブックマークお願いします

1990年代、小学生だった私が家庭学習教材をとっていた頃は 毎月サボり続けたせいで 綺麗なままのテキスト教材が 学習机の本棚にぎゅうぎ...
スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク