【教育費の節約】進研ゼミやめる?の話

1990年代、小学生だった私が家庭学習教材をとっていた頃は

毎月サボり続けたせいで

綺麗なままのテキスト教材が
学習机の本棚にぎゅうぎゅうに詰め込んであった

お金を払った学習教材を捨てるなんて我が家にはありえないことで

もう前の学年の教材は使わないのに
机の本棚に居座り続けて
パンパンの状態だった

そのせいもあって
学習机は散らかっているのが当たり前だった

今思えば
両親が頑張って稼いでくれたお金が
手をつけられることのない教材のために使われてたんだなー

その教材が古くなっても親は捨てることができず
学習机をごちゃごちゃさせる原因になって
机を使いづらくしていた

頑張って稼ぐ

使わないモノにお金をつぎ込む

ずっと使っていないけど、もったいないから捨てられない

部屋が散らかる

普段の生活がしづらい、ストレスがたまる

大人になって親の立場になった今
こういうことがないように
お金の使い方を見直したい

私は、無駄にお金を使うために長い時間働くよりも

無駄を削ってダウンサイジングして
シンプルに穏やかに暮らして
短い時間でやりたい仕事をする暮らし
を選びたいと思っている

子供が習い事や家庭用の教材に興味がないならすぐに辞めさせる方針

もちろん、本人がやりたいと言わないなら最初からさせない

スポンサーリンク



私には小学2年生の息子がいる

息子は生後6ヶ月の頃から一時期を除いてこどもちゃれんじ(進研ゼミ)を続けている

幼稚園の時までは
こどもちゃれんじが楽しいらしく
紙でできたテキストの教材を
親が何も言わなくてもやっていたんだけど

進研ゼミ小学講座に変わってからは

自分で紙のテキストの文章を読んで進めていくのは面白くなかったようで
自分で教材を出してこなくなった

そこで私は
「お金が無駄だから、進研ゼミをやめるか、進研ゼミのタブレット教材に変更するかのどちらかにしよう」
と提案した

息子は「絶対にやめない!やめるくらいならタブレットに変える!」
と泣きながら言った

「じゃあ続けさせてあげるけど、やらなくなったらすぐに辞めるからね」と伝えた

そんなこんなでタブレット教材に変えた結果今どうなっているかと言うと

私が言わなくても
毎月の進研ゼミ教材のダウンロード日に楽しそうに取り掛かって
ほんの数日で1ヶ月分を終わらせている

タブレットだと
まるで先生が一対一で授業をしているみたいに、声を出して教えてくれるから
問題なく理解できる

紙のテキストとタブレットの違いで一番大きなポイントは
親が丸つけをしなくていいということ!

漢字の書き順が間違っていたらきちんとバツにしてくれるのもすごい

幼稚園時代、紙教材をやっていた頃は
息子はすぐに終わらせているのに
私が丸つけをサボってたまっているということもしばしば…

ズボラママにとってタブレットは欠かせない存在なのだ

解いてすぐに、間違った箇所や解き方がわかるって大事

ママ、終わったよー
ご褒美ゲームやろうっと

そう…
このご褒美ゲームこそが、彼のモチベーション(単純王)

それにしても、1990年代の小学生からしたら、未来人のやってる進研ゼミって
羨ましすぎる

しゃべって教えてくれる
動画や動く図での説明がわかりやすい
英語のリスニングが身につく
子供の発音もチェックしてくれる
すぐ丸つけしてくれる
紙の教材がかさばらない
勉強したらなぜかゲームがやれる

だけどいつか飽きて自分からやらなくなったら、容赦なくやめさせる方針

これから先、他の習い事がしたいと言った時も同じように言う

教育費は、子供の為だからといつの間にか膨らみがちだけど
本当にやりたいと思うものだけをやらせたい

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク