のんびり楽しく貯金ブログのハピコさんの後取り貯金術実践中

家計管理については、自分にあったやり方を見つける為、雑誌や本やブロガーさんから得た知識を実践し、試行錯誤しています。

家計簿とマグカップ

のんびり楽しく貯金のハピコさんを真似て、後取り貯金中

今月、試している貯金方法は・・・

「収入ー予算 = 貯金」の法則で貯金する
というもの。

つまり、先取り貯金ではなく、後取り貯金です

「モノと家計を見直して お金のことで後悔しない暮らし方」という本に書いてあった方法です。

モノと家計を見直してお金のことで後悔しない暮らし方 [ ハピコ ]

 

著者のハピコさんは、奨学金など500万円完済した後、一年で200万円以上貯めた方。

これまでは先取り貯金派だった

これまでの私は、貯金額を先に決めてから(先取り貯蓄)、その残りを手元で管理するやりくり費予算としていました。

つまり、収入-先取り貯金=予算

で決めていたんです。

雑誌や本を見ると、このように先取り貯蓄をする事が貯蓄の大前提のように書かれている事が多いんです。

貯金額を一定にして先取りしてしまえば、確かに貯まりやすいのですよね。

だけど、収入が減った時も、同じ額を貯金に回さなければならないという考えなので、やりくり予算が低くなってしまい、ストレスになりがちだったんです。

ストレスは、衝動買いにつながります。

「毎月同じ額を貯金する」と決めないで、「設定した無理のない予算を絶対守る」

一方、今回試してみる方法は、
予算は毎月同じ額に固定しておいて、収入から予算をひいて残った額を貯金に回すというもの。

この方法で大切なのは、予算を無理のないミニマムな額にする事だと思います。

家族や自分が、貧しさや息苦しさを感じてしまうほど、キツキツの予算を組んでしまうと、ストレス浪費につながります。

だけど、貯金がほとんどできないほど、ユルユルの甘すぎ予算を組んでしまっては意味がありません。

過去の家計簿が予算設定の役に立つ

これまでの家計簿の項目ごとの支出額を見て、無理のないちょうどいい予算を組んでみました。

やりくり費の合計は85000円に決定。

やりくり費、財布、お金

これまで私が組んでいた予算より多めにとりましたが、心の余裕によって、長期的に見て貯金が増えればいいなと思います。
(余った分は残し貯め)

私の組んだ予算を公開

参考までに、予算内訳をのせておきます。

夫小遣い 26000
(足りない時は、食費から移動)

妻小遣い 5000
(私のネット収入から出していたが、夫収入から出す事に)

食費 30000
(週7000×4+5週目2000)

日用品(夜用おむつ1個込)10000

外食テイクアウト 7000

その他 7000

合計 85000

 

他の記事もよんでみてください^^

外で働けずお金がなく、本気で悩んでいました 少し前までは、「お金がない」と毎日悩みながらも、小さい子どものことで働きにいくことができま...
主婦のみなさん、 家事や育児や仕事に追われて 毎日あわただしくあっという間に過ぎていきますね。 あまりにも忙しいと 食器洗いなんてし...

持たない暮らしについての記事を見てみる

貯金節約に関する記事を見てみる

家事時短と時間管理についての記事を見てみる




ナミでした。明日も待ってます^^

読んだよの1クリックお願いします↓


シンプルライフランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク