メンタリストDaiGoの著書「自分を操る超集中力」で学んだこと

前回に引き続き、 メンタリストDaiGoさんの著書「自分を操る超集中力」から学んだ、 仕事や作業、勉強に集中し、短時間で効率的に結果を得られるための知識を、 共有したいと思います。

自分を操る超集中力 [ メンタリストDaiGo ]

価格:1,512円
(2018/7/6 21:34時点)
感想(12件)

集中するためには「ウィルパワー」が必要

ウィルパワーってきいたことありますか? DaiGoさんの本には、時々出てくる言葉です。 

集中力が沸き出す泉は、あなたの額から2~3センチ奥、前頭葉にあります。

中略

私たちは進化の過程で前頭葉を大きくし、他の動物にはない力を獲得しました。

それが思考や感情をコントロールする力です。

この力は「ウィルパワー」と呼ばれています。

中略

ウィルパワーにも一定の量があり、集中力を使う度に少しずつ消耗していきます。

「自分を操る超集中力」より抜粋 

すべての事に関して、共通のウィルパワーが使われる

思考や感情をコントロールする力、つまりウィルパワーの出どころは、 ダイエットでも仕事でも家事でも、 全部同じです。

例えば、こういうことです。

「今日はいつ食器を洗おうかなー、面倒で嫌だな、後で洗えばいいか・・・」 と思ったとします。

その考えどおり、食器洗いを後回しにしてしまいました。

楽をしようと思っての行動です。

だけど実際には、食器洗いにとりかかるまでの間、 「早くやらなければ。でも面倒。」というアンハッピーな思考や感情が、脳内で繰り返されます。

後回しにしたことによって、 ウィルパワーはどんどん失われていきます。

その後やっと食器洗いを済ませ、 集中したい仕事や作業にとりかかるために、机に座ると、 今度は机の上が散らかっていて、「片付けてからやろう」と考えます。

片づけをしていると、一つ一つの物から何かが連想され、ちょっとした考え事をしたりします。

「これはどこにしまったらいいかな」など、片付ける行為にもウィルパワーが消費されます。

さて、作業にやっととりかかろうとしたら・・・ 今度はスマホの通知音。

見ると、どうでもいいSNSアプリの通知音でした。

だけどなんとなく開いてしまい、いつのまにか時間は過ぎて、ウィルパワーもどうでもいい情報に使われていきます。

「やばい、早く作業しなくちゃ。」と、やっと本当にやりたかったことを始めた頃には、どうなっているか・・・

ご想像のとおり、集中できず時間だけがあっという間に過ぎていきます。

理由は、もうウィルパワーが残っていないから。

そういうことです。

じゃあどうしたらいいのか?

詳しく知りたい方は、ぜひ本を読んでみてくださいね。

自分を操る超集中力 [ メンタリストDaiGo ]

価格:1,512円
(2018/7/6 21:34時点)
感想(12件)

ゆるミニマリストの、持たない暮らしについての記事をもっと見てみる

ゆるミニマリストの、貯金節約に関する記事をもっと見てみる




ナミでした。明日も待ってます^^

読んだよの1クリックお願いします↓


シンプルライフランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク