【ミニマリストの簡単ご飯】鶏と卵のさっぱり煮レシピと炊飯器ゆで卵

ゆるミニマリスト子持ち主婦のナミです。

息子と夫と、2LDK賃貸マンションに3人暮らし。

パン屋さんで働いています。

スポンサーリンク



毎日の晩ごはんの献立づくり、料理は好きですか?

毎日のゆうごはんの献立づくりは得意ですか?

億劫になることなく

楽しく晩ごはんを作れていますか?

品数を多くしなければ・・・

毎回違う料理で

栄養たっぷりバランスよくしなきゃ・・・

という主婦の呪縛にしばられていませんか?

もしそうなら

その呪縛ストレスからフリーになった

私のミニマリスト的料理を見て行ってください。

料理が負担に思えたら・・・

料理こそ!

不要な作業をそぎ落とし

最小限のミニマルをめざそうではありませんか^^

無理しないミニマリスト的料理

私は手のこんだ料理が得意ではなく

晩御飯づくりは

いかに楽に作れるかばかり考えています。

品数も見た目もミニマルで質素ですが

6歳になる子供はちゃんと栄養がとれているようで

健康に育っているので

頑張らないミニマリスト的シンプル料理を続けたいと思っています。

昨日の簡単シンプルな晩ごはん献立

鶏手羽元とゆで卵のさっぱり煮

ブロッコリー

トマト

ジャガイモと長ネギの味噌汁

ごはん

でした。

スポンサーリンク



鶏手羽元とゆで卵のさっぱり煮の作り方レシピ

鶏手羽元とゆで卵のさっぱり煮は

ほったらかし調理ですごく簡単ずぼらに作れます。

圧力鍋に(なければ普通の鍋でOK)

鶏手羽元12本から10本

醤油、みりん、酢を各50cc

(甘いのがいい方は砂糖大さじ2も)

を入れて加熱。

圧力鍋なら通常どおり加圧して火をとめます。

圧力鍋の圧力が抜けてふたをとったら再度火をつけます。

普通の鍋の場合は

アルミホイルなどで落とし蓋をして

沸騰したら弱火にして10分から15分ぐらい。

(途中でひっくりかえす)

皮をむいたゆで卵を家族の人数分あらかじめ用意しておいて

鍋にいれて軽く混ぜる。

煮汁が少し残るぐらいで火をとめて完成♪

(味の濃さの好みで火をとめるタイミングを決める)

炊飯器で簡単にゆで卵をつくる方法

私は炊飯器でゆで卵をほぼ毎日作っています。

炊飯器でお米を炊くときに

いつもどおりの水の量にした後

アルミホイルでまとめて包んだ卵をポンとのせます。

(2個ぐらいならアルミホイルも使いません)

炊きあがったら最初にゆで卵を取り出して

そのまま冷蔵庫にいれておきます。

子供の朝ごはんにほぼ毎日だしています。

お弁当にも使えます。

スポンサーリンク



お読みいただきありがとうございました。

ゆるミニマリストナミのブログのトップページ

ブックマークしてくださると嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ

シンプル生活が好きなナチュラル派におすすめ!ミネラルファンデーション 物を持たない暮らしをするシンプルライフや、ミニマリスト生活。 そん...

ついに35万円を突破!

このブログから200名以上がスタートした簡単プチ稼ぎ↓

子供が11か月の時、外でパート仕事を始めました。 仕事が終わって、夕方保育園にお迎えに行って帰宅。 おっぱいを欲しがるので、授乳して落ち...

私の7kgダイエット成功体験↓

https://simplelife-white.com/post-4514

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

「著作権侵害お断り、免責事項」
このブログサイトの文章、画像、デザイン等を、ブログ管理者に断りなく転載した場合は、著作権侵害となりお断りします。このブログサイトのタイトルのみ記載しURLを貼ったリンクで、ブログの存在を紹介してくださるのはかまいません。
当ブログサイトをみて、いかなる損害が発生した場合でも、当ブログサイトは賠償責任を負わないことをご了承ください。

スポンサーリンク