[セスキでガスコンロの大掃除]五徳の焦げ付き汚れを落とす方法

セスキを使ったキッチンのガスコンロの大掃除方法。五徳の焦げ付き汚れが取れない!

物を減らす前の私は掃除が大嫌いで、
台所のガスコンロの油汚れや焦げ付きはほとんど気にしていませんでした。

シンプルライフを始めて掃除をしたくなる部屋に変わっていくにつれて、
毎日の料理の後、ガスコンロを必ずふきあげるようになりました。

でも、汚部屋時代にきちんと掃除していなかったガスコンロの、五徳の焦げ付きや油汚れが落ちない(;д; )

重曹やセスキ炭酸ソーダをペースト状にしたものを直接つけて、

上からラップをしてしばらく放置。

その後にごしごし磨きましたが、ほとんどとれませんでした。

で、この状態(^o^)/

汚いでしょ?笑

ガスコンロの他の部分はきれいにしても、五徳の焦げ付き汚れはあきらめかけていたんです。

きっと私と同じように、焦げ付きは取れることはないと考えている方がいると思います。

でも、諦めないでください(^-^)

私が今の家に引っ越してくる前に実践した
「ガスコンロの五徳をきれいにする作戦」の記録をご覧ください♪

ガスコンロのがんこな焦げ付き汚れ。五徳掃除にはやっぱりアルカリ性のセスキ炭酸ソーダ水

焦げ付き汚れをとるために用意するもの

セスキ炭酸ソーダ大さじ4

(なければ重曹でも良いがセスキの方が汚れをよく落とす)

ガスコンロの焦げ付き汚れの掃除方法。セスキ炭酸ソーダ水で煮る

大きな鍋にセスキまたは重曹と五徳を入れて
全部浸かるくらいの水を入れる。

この時、ガスコンロ1ヶ所は今から使うので
五徳は使わない所だけ鍋にいれます。

テフロン加工の鍋に傷がつかないように五徳の下に容器を置いてます。

蓋をして沸騰させてから5分で火から下ろし、
残りの五徳も鍋に入れる。

蓋をして15分。

熱すぎるので水を少し鍋に入れて冷まして取り出すと…
少し剥がれてます!

やわらかいスポンジ、固めのスポンジ、金たわしの順で磨く

やわらかいスポンジで軽くこするだけで
けっこうきれいになります!

とれないところは固めのスポンジで。

だけど、私の場合はスポンジじゃ全部は落としきれません(ToT)

ダメ主婦のずぼらな汚部屋時代の歴史が頑固な汚れとして残っていました。

そこで…
金のステンレスたわしの出番!

ゴム手袋をつけてシャカシャカ磨きました。

傷がつく可能性があるので、目立たない所で試してからにします。

キッチンのガスコンロの五徳をセスキ炭酸ソーダ水で煮た後に、金たわしでこすった結果

あっという間にきれいになりましたよ!

サビ以外は新品のようにツルツルになりました。

大掃除できれいになったら、こまめに小掃除を習慣化しよう

一度大掃除できれいにしたら、あとは普段から五徳も軽く磨くことを習慣化するようにしましょう。

大掃除は大変ですからね^^;

ガスコンロの汚れがひどい場合は、買い替えも検討。あえて汚れが目立つホワイトを選ぶ

私はその後、新しいガスコンロに買い替えました。

インテリアにもなるリンナイの真っ白なガスコンロ、ホワロです。

汚れが目立つ白いガスコンロであれば、逆に掃除せずにはいられなくなるし、どこが汚れているのか早い段階で発見できるので、汚れがひどくなる前にサッと掃除できるようになります。

こちら、キッチンが明るくなるし火力も左右同じ強さでとてもおすすめですよ。

(都市ガス、プロパンガスはチェックしてくださいね)

≪8/8まで特別価格!≫ リンナイ ガスコンロ HOWARO ホワロ インターネット限定販売 56cm ガステーブル【送料無料!】

他の記事もよんでみてください^^

持たない暮らしについての記事を見てみる

貯金節約に関する記事を見てみる

家事時短と時間管理についての記事を見てみる




ナミでした。明日も待ってます^^

読んだよの1クリックお願いします↓


シンプルライフランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク