仕事は全力を出さない。7割の力でやるべき理由

ゆるミニマリスト子持ち主婦の、なみです。

シンプルライフをおくるシンプリストかもしれません。

幼稚園生の息子が一人。

2DK賃貸に3人暮らし。

パン屋さんでパートのお仕事をしています。

スポンサーリンク



パン屋で一緒に働いている同僚に、
今日はこんなことを言われました。

「僕はなかなか人の顔と名前を覚えることができないんですけど
半年前ここで働き始めた時
一番最初に〇〇さん(私)の顔と名前を 覚えたんですよ。」

「 どうして ですか」 と尋ねました。

すると
「 入りたての頃、仕事を全然こなせなくて申し訳ない気持ちだったので
もうやめようと思っていたんです。

そんな時に仕事を教えてもらいながら、かけてもらった言葉に救われて、今も励まされてるんです。

『 そんなに全力で頑張らなくていいと思います。
一人でやらなきゃとは思わずに
少し力を抜いて
みんなで助け合いながらやっていけばいいと思うんです。』

そんなことを言ってくれたじゃないですか。

僕は今でも それを 支えに仕事をしてるんです 。」

私は、ものすごく驚きました 。

本当にありがたいです。

店のオープン時に働き始めたとはいえ、 たった1年前のこと 後から入ってきた人たちと比べてそこまで差があるわけではありません。

それでもこんな事を言ったのは

その人が明らかに 仕事を頑張りすぎていて
疲れていたからです。

私自身

昔から仕事に全力を出し切って取り組んでしまうところがありました。

今でもついつい
限界まで力を出し切ってしまう事があります。

だけど
全力を出しきってはいけません。

常に7割ぐらいの力で、おさえるべきです。

なぜかと言うと
心の余裕と、体力の余裕がなくなってしまうからです。

頑張りすぎると私たちの心は壊れてしまいます 。

ひどい時にはうつになってしまう人もいます。

体力がただ奪われてしまうだけでなく
体も病気になってしまいます。

最近多い、自律神経失調症や過敏性腸症候群なども
頑張りすぎの人に多いようです。

私もこれまで 色々な仕事をしてきて
頑張りすぎによる不調を経験したので

今の職場に後から入ってきた人が
真面目な性格で
限界まで頑張ってしまっているのを見たとき 思わず声をかけたんですね。

やはりその人は
仕事を辞めようというところまで
追いつめられていたことが
今日分かり
声をかけて良かったなと思いました。

心にストレスを抱える人は 頑張りすぎ な人が多いです。

手に余ることは抱え込まなくて良いし
自分一人でこなすのが、難しい仕事は
周りの人に助けを求めていいと私は思います。

助けを求めることはかっこ悪いことではありません。

むしろ 、潔く助けてくださいと言えることは
周りからの信頼を得ることにもつながるし
全体の仕事の効率も上がると思います。

必死すぎて余裕のない時は
自分にも優しくできないし
周りの人にも優しくできません。

頑張りすぎている時は
笑顔の数が 減っているはずです。

私の仕事は、肉体労働寄りのパン屋さんですが
他の仕事をされている方にも当てはまるところがあると思います。

頑張りすぎはやめて
7割の力で楽しく笑顔で仕事をしたいですね。

そして、全力を出して壊れそうな人が近くにいたら
また、声をかけようと思います。

またおごってもらいました(^_^)

帰宅後にゆっくり飲んで、ホッとしました。

読んだら押してね↓


断捨離ランキング

新しい記事はこちら。

トップページをブックマークして、明日もお会いしましょう

ついに30万円を突破しましたー!

192名の読者様が登録中のプチ稼ぎ(2019/3/30時点)↓

この記事は、過去記事に どうやって私が毎月数万円の収入を得ているのかを 付け加えたものです。 一度読んだことのある方は 途中から...

太っている人、痩せたい人に。

私の7kgダイエット成功体験↓

私、最近7キロ痩せたんです。 食事制限なし。3食たっぷり+毎日欠かさずおやつを食べていました。 南雲吉則先生のあじかんごぼう茶ダイエ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク