断捨離のコツ。捨てるか迷う物は、いつどんな場面で誰が使うか想像

いつか使うと思って捨てられない照明器具の断捨離

現在、寝室で使っているこの照明器具ですが、実は同じのがもう一つあるんです。

20160605_130537.png

どこにあるかって?

クローゼットの中に眠っています。

5年ぐらい前に、2部屋分、同じものを2セット購入したんです。

その後、今の2DKの家に引っ越したので
1セット使わずに余っていて、ずっとクローゼットに入ってました。

ずっと使っていない照明器具。捨てられないと思っていた

そんなに安いものではないし、
転勤族なので、また他の土地で使う事になるかもしれない・・・

そういう理由で捨てずにいました。

だけど、この照明器具は、
収納の場所をとる大きい物。

%e7%85%a7%e6%98%8e%e5%99%a8%e5%85%b7

このおむつ3個が入る大きなダンボールに入れていました。

かなり大きいので、狭い賃貸の貴重なクローゼットを圧迫していました。

邪魔だなーと思いながらも絶対捨てられなかった、この照明器具。

断捨離祭り中なので、冷静に考えてみました。

捨てられない物はとことん想像!いつどんな時に、誰が、何のために使う?

「いつか使うかもしれない物」と向き合う時は、

「いつどんな時に、誰が、何のために使うか?」という事を考えてみます。

この照明は、
いつどんな時に?

今後転勤して、部屋が増えた時に。

誰が?

小学生になった子供が。

何のために?

勉強したり、遊んだり、寝たりする為。

今この照明を使っている部屋は、寝室なのでこれでいい。

だけど、子供部屋に取り付けたいのは
カバーのあるシーリングライト。
明るい蛍光灯のタイプ。

こんなふうに具体的に、物の今後の使い道を考えると、
これからも大きなスペースを占領させて保管しておくべきか、
それとも手放してすっきりさせるかを決めることができます。

いつか使うかもしれないから、捨てられない!
だけどモヤモヤする。片付けたい。
という方は、

「いつどんな時に、誰が、何のために使うか?」
という事を具体的に想像してみてください。

その時に「あれ?本当に使うかな?」と少しでも思ったら・・・
一度手放してみてはいかがでしょうか。

不安感が「捨てられない」をうむ。本当は手放しても問題ない。

恵まれた日本に住んでいれば、またいいものを買う事ができます。

捨てられないのは、「不安」が原因の事が多い。

だけど、実際のところは、必要のない不安です。

手放しても困らないものが8割ぐらい。

少なくとも私の場合は、
これまで沢山の物を捨ててきましたが、
あとから後悔したものは一つもありません。

最後に

年末の大掃除をしている方も多いと思いますが、
掃除や整理収納を頑張る前に、
まず捨てなければ、すぐに部屋はまた汚れます。

物を捨てる前の私は、
年末の大掃除の時期になると、気合いを入れ重い腰を上げて、
掃除や片づけをしなければなりませんでした。

だけど、物がだいぶ少なくなった今は、おおがかりな大掃除は必要ありません。

もし昔の私のように大掃除で大変な思いをしている方がいれば、
物を捨てればだいぶ楽になるんだという事を伝えられたらな・・・

そう思って書かせていただきました。

他の記事もよんでみてください^^

持たない暮らしについての記事を見てみる

貯金節約に関する記事を見てみる

家事時短と時間管理についての記事を見てみる




ナミでした。明日も待ってます^^

読んだよの1クリックお願いします↓


シンプルライフランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク