家事が面倒だなと思ったらマダム・シックを思いだす

主婦のみなさん

いつもどんな気持ちで
家事にとりくんでいますか?

ウキウキした明るい気持ちですか?

それとも
何も考えず無心ですか?

それとも
面倒だな
やりたくないな
どうして私だけこんなに忙しく動き回らないといけないの

というイライラした暗い気持ちですか?

スポンサーリンク



私はもともとズボラな主婦で
ついつい「面倒だ、やりたくない」
というマイナスな気持ちで家事をやってしまいがちです。

でも最近は
もっと明るい気持ちで家事をするように
意識しています。

そのきっかけは
この本を読んだ事だったように思えます。

20160221_141650.png

フランス人は10着しか服を持たない
という本です。

この本に登場する
マダムシックという年配の女性の生き方に
沢山の人が魅力されて
ベストセラーとなりました。

スポンサーリンク



マダム・シックの魅力はたくさんありすぎて
すべてを紹介するのは無理ですが

彼女がすばらしいことの一つが
家事をこなす事に喜びを感じている事です。

「フランス人は10着しか服を持たない第2弾」のなかで
その事にまた触れられていたので
ちょっとご紹介しますね。

——————
そして、マダム・シックにはミステリアスな雰囲気が漂っていた。
マダムはつべこべ言わずに、やるべきことを淡々とこなしていた(しかも、とてもうれしそうに!)。
——————

マダムがうんざりした顔で家事をしていたことなんて、いちどもなかった。
それどころかとても楽しそうだった。
——————-

マダムの家事に対する姿勢が
一番分かりやすく述べられています。

スポンサーリンク



水色の表紙の第一弾では
彼女の料理の仕方や盛り付けのこだわりなどで
見習うべきところが詳しく書かれていて

その暮らしぶりにかなり影響を受けました!

家事は生きている限り
誰かがしないといけないもので
たいていは私たち主婦の仕事です。

どうせやらなければならないのなら
嫌々こなしていくよりも
マダム・シックのように
いきいきと楽しそうに家事をした方がいいと
思ったんです。

やらされるのではなく
私と夫と子供が
快適に楽しく暮らせるように
クリエイティブに家事をするように
心がけようと決めました!

もちろん
人間そんな簡単に変われる訳もなく
「やっぱり料理したくないなー」と思う事も
まだまだあります。

だけどそんな時は
この本を開いて元気をもらっています☆

家事が面倒に思えたら
みなさんにも是非読んでいただきたいです。

他の記事もどうぞ^^

持たない暮らしについての記事を見てみる

貯金節約に関する記事を見てみる

家事時短と時間管理についての記事を見てみる




ナミでした。明日も待ってます^^

読んだよの1クリックお願いします↓


シンプルライフランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク